四国徳島のドレスアップやエアサスなど車のカスタム・改造ならFATE(フェイト)へ

基礎用語集

基礎用語集

エアサスに関する専門用語をご紹介します。

このページではエアサスに関する基礎的な用語を説明しています。

エアサスに興味はあるけど、どの雑誌やカタログを見ても専門用語ばかりで意味がわからないと思います。

代表的なよく使われる用語をまとめてみました。

エアサスとは?

  • エアサスインストール

    エアサスとは?

    正式には エア サスペンションと言います。エアサスにも種類があり、おおまかに分けてバッグ式とシリンダー式がありメンテナンスや取扱い方法も違います。通常のサスペンションは鉄製のスプリング(バネ)が付いていて、そのスプリングで衝撃を吸収します。エアサスはエアバッグ(シリンダー)内に空気が入っており衝撃を空気で吸収します。内部に入っている空気を抜く事により車高を落とし、入れる事により車高を上げます。

エアサス用語集

  • 電気式エアサス
    電気式エアサス

    電気式エアサスとは、タンクとサスペンションの間に、右の画像にあるような電気式の弁(電磁弁)を付ける事により開閉の俊敏性・エア量を増やし全体のスピードUPをさせます。
    電磁弁のサイズ・仕様・ポート径・耐圧によってスピードは変わります。

  • 機械式エアサス
    機械式エアサス

    機械式エアサスとは、右の画像のような機械式スイッチを使用しているシステムです。電気式と違い、スイッチの後ろまでホースがきており、スイッチを押すことによりホースが繋がりエアバックにエアーを送りこむようになっています。スイッチにエアーが入ってくる為、流れるエアー量が制限されるので上下の速度は遅いですが、車高の調整は簡単です。

  • 前後独立(二輪独立)

    前後独立とは、フロントとリヤを分けて操作する方法です。フロント用のスイッチでフロント左右(2本)が同時に動く仕組みです。スイッチも2つだけなので操作はしやすく扱いは簡単です。欠点としてロールしやすいので、ロールカットバルブを付ける事をオススメします。

  • 四輪独立

    四輪独立とは、サスペンション1本につきスイッチが一つずつ付いており個々それぞれの制御が可能な状態に組まれているシステムの事を言います。個々のエア圧になる為、ロールしにくく安定性があります。欠点はコストがかかるのと、一度全開に下げる(上げる)と走行状態のエア圧に戻すのに調整に時間がかかる事です。

  • ストラット式エアサス
    ストラット式エアサス

    ショックにエアバッグを取付けされていてエアバッグにエアーが入る事により車高が上がり、抜くと車輌の重量で下がります。種類もたくさんあり、純正ショック ベース・ショートストロークショック ベース・車高調 ベースなどがあります。取付けられているエアバッグも種類がありベローズ タイプ・スリーブ タイプなどがあります。車種により下がり・上がり・乗り心地も違いますので購入前に調べましょう。

  • シリンダータイプ エアサス
    シリンダータイプ エアサス

    全体がアルミなどで作られており、シリンダーの伸び縮みで車高を調整します。ショックが内蔵されていない為、限界まで車高を落とす事が出来ます。エアバック タイプと違いキャンバーなどで斜めに取付けると壊れやすいです。

  • エアバック
    エアバック

    ワゴン・ミニバン・K-carなどのリヤに使用されています。アメ車やトラックなどは四輪全てに使用される場合が多いです。主にベローズタイプ・スリーブタイプが使用されています。特にベローズタイプは種類がたくさんあり、状況に合わせた選択が必要になります。ベローズタイプが干渉問題などで取付けられない場合や車輌の重量が軽い場合はスリーブタイプを使用します。

  • コンプレッサー
    コンプレッサー

    コンプレッサーとはエアーをタンクに供給する機械です。車に使用されるのは12Vで動かすタイプで種類もたくさんあります。種類により吐出量・圧力・ポート・電流も違うのでシステムに合った物を購入しないと故障の原因となります。プレッシャースイッチ・タンク容量に合わせて購入するのが良いです。

  • タンク容量(ガロン・リットル)
    タンク容量(ガロン・リットル)

    1ガロン=約3.78リットル
    2.5ガロン=約9.45リットル

  • ポート
    ポート

    タンクなどに開いている穴の事です。サイズも色々あり、1/8・1/4・3/8・1/2がエアサスでは使われています。ポートサイズとフィッティングのサイズを間違わないようにしましょう。 ポートの形状もNPTとPTがありエアサス業界ではNPTが主流になっています。

  • ホース
    ホース

    エアサスで使用されているホースのサイズには1/8・1/4・3/8・1/2があります。ほとんどのメーカーのキットについてくるのは1/4ホースが多いです。スピードUPをしたければホースサイズを3/8にするのが良いです。セダンやワゴンなど車体が重い車種は3/8ホースがオススメです。 一般的にホースにはインチとミリが売っていますがエアサスはほとんどがインチを使用しています。インチのフィッティングにミリのホースを使用するとエア漏れの原因になります。

  • 改造公認書類(強度計算書)
    改造公認書類(強度計算書)

    エアサスメーカーから発行される公認車検用の書類でエアバッグ(シリンダー)の強度計算書です。装着しているメーカーさんに注文をすれば2週間~1ヶ月で取得出来ます。金額はメーカーにより違う為、メーカーもしくはショップに問い合わせをしてください。書類を取得するのに必要なのは基本的には車検証のコピー・エアサスのシステム&グレード名・取付写真です。公認書類には車体番号が記入されているので、同車種でも使いまわしは無理です。

  • 記載変更

    エアサス取付け時に車検が残っている場合、記載変更のみで公認車検を受けなくても公認が取得できます。条件としてエアサス以外の改造をしていない場合のみです。 エアサス以外の改造(エアロ・ホイールのインチアップ・マフラーなども含む)がある場合、記載変更はできません。

  • 改造公認車検
    改造公認車検

    改造公認車検とは車を改造した場合、陸運局に申請をし一般公道を走行出来るようにする為の車検です。エアサスの場合、車検証の車体番号の後ろに【改】という文字が記載されます。公認車検を受けるには取り付けているメーカーの強度計算書が必要です。書類を陸運局に提出し検査を受けなければ一般公道は走行できません。エアサスの改造公認車検には知識が必要なので専門の店に頼むのが良いです。 公認用書類は車検を受けた後も大事に保管しといてください。